【レーシック情報チャンネル】豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

レーシックの手術を行うのは、医師であり人間なので、どうしても多少なりの失敗を引き起こしてしまうことがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。
レーシックというのは、既に欧米におきましては10年以上の実績を誇る比較的有名な手術方法となっています。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。

 

レーシックの手術は当たり前のことですが、眼科の専門的な知識は必要となってきますが、それと同様にレーシックの手術でどれだけ実績を持っているかが重要なこととなります。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。



【レーシック情報チャンネル】豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:16-2-2019

自分の立ち姿を、鏡に映して見ると…

猫背で前傾姿勢になっていませんか?
お腹をつき出して
後ろに反り返った姿勢になっていませんか?

美しい姿勢を保つためには、
腹筋や背筋をはじめ、
さまざまな筋肉を使わなければなりません。

筋力が衰えると、姿勢が悪くなるのはもちろん、
バランスの崩れからこしやヒザへの負担が大きくなり、
痛みとして表れることもあります。

ですから、
健やな連日を過ごすためにも、
しなやかに美しく動くためにも、
ときどき立ち姿を鏡でチェックすることを
オレはおすすめします。

息子の頃、母や先生に、
「背筋を伸ばして」「アゴを引いて」「胸を反らしすぎないで」
などと注意を受けたことがありませんか?

確かにその通りなんですが…
そうすると不自然に力が入り、
かえって変な姿勢になってしまいかねません。

実は、とても簡単に
美しく立つコツってあるんですよね。

まずは、肩の力を抜きます。
そして、おへその下辺りとヒップに意識を向け、
その2カ所をキュッと引き締めるのです。

それだけで、自然に背筋が伸び、
こしがすっきり持ち上がり、
ヒザも伸びてきますよ。

美しい姿勢を保つためにも、筋力の低下を防ぐためにも、
適度な運動は欠かせません。

お腹を引き締めたり、からだを伸ばすストレッチをしたり、
からだのバランス感覚を鍛えたり、
連日のちょっとしたすきま時間に
適度な運動を取り入れることを、習慣づけたいものですね。

ちょっとだけ意識することが、
素敵なからだのラインと健康な連日につながるんです!