【レーシック情報チャンネル】レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。



- お勧めの情報 -

エステティシャンについてのサイト
URL:http://www.dietacademy.jp/sikaku/
エステティシャン


【レーシック情報チャンネル】レーシックの後遺症は一時的ブログ:22-4-2019

僕の母の実家は伊豆の修善寺にある旅館で、
幼い頃遊びに行くと、
板前さんが家族のために作ってくれる料理を食べさせてくれました。

おいしくて見栄えもキレイに作られたそのまかないの食べる事は、
僕にとって特別なものでした。
いつも楽しみで、強い憧れのようなものを抱いていました。

我が家は、至って普通のサラリーマン家庭。
母は食べることは一流でも、腕はそこそこ。
どちらかというと料理よりも洋裁が好きで、
一日中ミシンがけをしていることもありました。

でも、シチューやコロッケといった
当時で言えばハイカラなものが好きだったパパのために、
料理教室で習ってきては、一生懸命作ってくれたものです。

決して豊かではない時代に
僕は「普通のものを普通に」食べさせてもらったと思っています。

母の愛情がこもった料理と、
祖母の家で食べる特別な料理…
どちらも大切な味の記憶です。

母が作ってくれる料理で大好きだったのが
「なまり節と茄子の焚き合わせ」。

なまり節と茄子を適当に切って、
醤油と生姜で甘辛く焚いたものですが、
これがとびきりごはんに合うんですよね!

最近はなまり節もあまり店頭で見かけなくなり、
僕としてはとても残念です。

もう一つ好きだったものは「おせち料理」。

食べるのはもちろん、
僕は作るのを手伝うのが好きでした。

キントンや錦卵を裏ごししたり、豆を煮たりという工程が大好きで、
大晦日も紅白歌合戦を見ながらせっせと手伝うのが常でした。

ぬかみそを混ぜたり、
白菜漬けを手伝ったりするのも好きでしたから、
母もラッキーだったと思います。

母は僕が料理をしたがると、
台所を解放してくれて、
好きなだけ自由に作らせてくれました。