【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮

【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮



【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:11-3-2015


友達が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
ハヤシライスなんだそうですね。

みなさま、ホントですか?

というのも、
あたくしはお母さんのハヤシライスをきちんと思い出せないんです。

それはお母さんがハヤシライスを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりハヤシライス、
ある時はしゃばしゃばのあっさりハヤシライス。

その都度、
お母さんは「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
あたくしのお母さんの場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日のお母さんのテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日ショートケーキも手作りだったのですが、
ショートケーキの大きさが毎回違うんです。

これはお母さんがケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのショートケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

お母さんの面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただあたくしが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。
【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮

【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性
【レーシック情報チャンネル】老眼の悩みもレーシックにお任せ
【レーシック情報チャンネル】豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
【レーシック情報チャンネル】レーシックの後遺症は一時的
【レーシック情報チャンネル】どの程度視力が回復するのでしょうか
【レーシック情報チャンネル】手術中に痛みを感じることはほぼ無い
【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮
【レーシック情報チャンネル】レーシック後の効果が安定する期間
【レーシック情報チャンネル】レーシックで遠視の矯正も可能
【レーシック情報チャンネル】片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)断然納得のレーシック情報チャンネル