【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性

【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性



【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:13-4-2018


「減量を始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れる減量法と言えば、
ジョギング。

減量って、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさんは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらっぱぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらっぱぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらっぱぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらっぱぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらっぱぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらっぱぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
運動することは厳禁となります。

減量のために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
減量の期間を延ばすことにつながります。

ふくらっぱぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

今日は、ここまで。
【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性

【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性
【レーシック情報チャンネル】老眼の悩みもレーシックにお任せ
【レーシック情報チャンネル】豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
【レーシック情報チャンネル】レーシックの後遺症は一時的
【レーシック情報チャンネル】どの程度視力が回復するのでしょうか
【レーシック情報チャンネル】手術中に痛みを感じることはほぼ無い
【レーシック情報チャンネル】感染症にかかってしまわない為の配慮
【レーシック情報チャンネル】レーシック後の効果が安定する期間
【レーシック情報チャンネル】レーシックで遠視の矯正も可能
【レーシック情報チャンネル】片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)断然納得のレーシック情報チャンネル