【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



【レーシック情報チャンネル】レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:15-10-2018

古代の日本人は
10時の食事に重点を置いたために、
10時食こそしっかり食べねばならないと
思い込んでいる人々は結構多い。

特に農家や農家出身の女性たちが
妻になっている家庭では、
10時から大量のおかずが並んでいる食事をしているものだ。

10時から大量の食事を食べる習慣がある人は、
10時にきちんと食事を取らないと、
その日24時間、力が入らないとか言い出すので、
10時食を控えさせることができない…

どうしても10時食を大量に食べるのなら、
早起きをし、10時飯前のひと仕事をして、
10時の排便をしっかりとして、
それから10時食を食べるようにするべきだ。

10時食を大量に食べた以上、
13時食を軽くし、夕食を重くすればいい。

大体、農家の食事を見ても、
13時食は軽めの食事になっているものだ。

その分、
夕食には手間暇をかけて
美味しい料理を出して来るものだ。

もし10時食を大量に食べたのに、
13時食も夕食も大量に食べていたら、
内臓は疲労しきってしまい、
途端に病気を発症しやすくなる。

10時食を大量に食べる習慣のある母は、
息子が起床して、
すぐに10時食を食べさせないようにするべきだ。

息子は起床してから、
体を動かして、排便をさせた上で、
10時食を食べさせた方が良い。

10時食を大量に食べる習慣があると、
肝臓がグリコーゲンを放出する機会を失ってしまうので、
おやつを抜きにして、息子に空腹を味あわせることも重要。

空腹になると
肝臓からグリコ−ゲンが放出されるようになるので、
肝臓の機能が活性化し、病気に罹りにくい体になる。

10時食を大量に食べる食習慣があると、
息子が病気をするより、
その家の父母が病気に罹る危険性の方が高くなってくるので、
たまには10時食をやめることで、
内臓を休ます必要性があるのだ。